気になるネットのお役立ち情報まとめ

日常生活をさらに華のある人生にすることを目的とし、情報発信しているブログです。

【Android】アンドロイドタブレットの比較おすすめ人気ランキング 8インチ・10インチ

アンドロイドタブレットの選び方と、ネットで購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。SIMフリー対応・テザリング機能搭載の便利な商品から、独自のセキュリティ機能を搭載した商品まで、幅広くピックアップ!ぜひお気に入りのAndroidタブレットを手に入れて、便利に使いこなしましょう!自宅でゆっくりしている時だけでなく、通勤時の読書や動画視聴にも便利な「アンドロイドタブレット」。スマートフォン(スマホ)よりも大きな画面で操作ができ、以前よりもさらに性能が高くなり、コストも抑えめになってきていることからとても人気です。スペック表に記載されているCPU・ストレージ・メモリーなどは専門的な知識も必要になるため、どれを選べば良いかポイントをチェックしてみましょう。

 

Androidタブレットの選び方】

アンドロイドタブレットを選ぶときは、使いやすいサイズやサクサク動かせるスペックを基準に商品を絞っていくと、自分にぴったりの商品を見つけやすくなります。次からお伝えする選び方を参考に、お気に入りのタブレットを見つけてくださいね。

 

《使い方に合ったサイズを選ぼう》

まず、ポイントとなるのが自分の使いやすいサイズを選ぶこと。これだけでグッと商品を絞っていくことができます。今回は、Androidタブレットの数ある商品のなかでもとくに人気がある「7~8インチ」と「10インチ」の2種類の違いについて押さえておきましょう。

 

・頻繁に持ち運ぶなら、片手で持てる「8インチ」前後がおすすめ

片手で持てるサイズ感を求めるなら、8インチ前後のタブレットがおすすめです。大きさは、スマホが少し大きくなった程度。ハガキの大きさをイメージすると分かりやすいでしょう。片手で持って、小説やマンガを読むのにもピッタリの人気の高いサイズ。暇な通勤時間を有効活用したい人に特におすすめです。スマホに比べると画面が大きくなるため、アプリが利用しやすいといったメリットもあります。

 

・自宅利用が多いなら、映画観賞・動画視聴しやすい「10インチ」が◎

持ち運ばずに自宅で利用する事が多いなら、10インチ以上のタブレットがおすすめです。片手ではなく両手で持つことを前提に設計されているため、その分ディスプレイが大きく見やすいのが特徴です。また、10インチなら画面サイズが大きいので、画面上にキーボードを出しても文章がうちやすく、パソコン代わりに利用することも可能。動画を視聴することが多い人も小さな画面ではなく、見やすい10インチタブレットがおすすめです。

 

《10インチ以上なら解像度はフルHD以上を選ぼう》

映像や写真を見たり、ネットサーフィンをしたりする場合、10インチ以上のタブレットを選ぶならフルHD以上の解像度のAndroidタブレットを選択しましょう。アンドロイドタブレットの中でも数の多い「WUXGA/1920×1200」液晶がおすすめです。フルHD以下の解像度でも小さめの7インチや8インチのタブレットなら、さほど解像度の粗さは気になりません。しかし、10インチ以上になってくると、画像や文字の粗さが目立つようになってきます。10インチ以上のAndroidタブレットを選ぶなら、きれいな映像を楽しむためにも、必ず解像度もチェックすることをおすすめします。

 

《写真や動画を保存するならストレージの大きな製品を選ぼう》

アプリなどをほとんど利用しない人は「16GB」。音楽・動画・写真・ゲームなど利用するものが多い人は、最低でも「32GB」以上ストレージのある製品をおすすめします。それでも足りない場合は、microSDでストレージ容量を追加できる製品を選んでおくのもいいでしょう。ストレージは、アンドロイドタブレットにどれだけの量のデータを保存できるかに関係します。何GBという単位でスペック表に記載されていますので、どれだけの容量が必要か考えて比較するようしましょう。

 

《処理能力に関わるCPUをチェックしておこう》

タブレットがサクサクと動いてくれるかは、CPUの性能が大きく関係してきます。しっかりとスペック表に書かれている言葉の意味を理解し、商品スペックを比較できるようになっておきましょう。

 

《使い方に合ったCPUコア数を選ぼう》

タブレットの処理性能に大きな影響を与えるCPUですが、細かい性能まで比較すると専門分野すぎるので、比較的簡単なコアをいくつ搭載しているかをポイントに検討してみましょう。CPUは頭脳とも言われるパーツで、コアの数が増える程、それだけ多くの脳でデータを処理できる高性能であるということになります。ネットサーフィンやマンガを見たりする程度なら、コアが4つ搭載された「クアッドコア」がコストも抑えられるのでおすすめ。高負荷のかかるアプリやゲームをよくするのであれば、コアが6つの「ヘキサコア」、あるいは8つ搭載された「オクタコア」の製品を選びましょう。

 

《クロック周波数2.0Ghz以上ならサクサク使えて便利》

クロック周波数は、なるべく高めの製品を選びましょう。クロック周波数とは、CPUが1秒にどれだけのデータ処理をできるのかを表わしたもの。サクサク動くタブレット選ぶためには、欠かせないポイントです。3Dゲームなど高負荷のアプリを利用する場合、最低でも「2.0Ghz」以上のクロック周波数のCPUを搭載しているアンドロイドタブレットを選ぶと安心。サクサクと高負荷のゲームでも遊ぶことができます。一方、ネットサーフィンやアプリなど軽い使用用途なら、「1.5Ghz」ほどのクロック周波数があれば十分。「1.5Ghz」ほどならコストも抑えめで、バッテリーの持ちも良いですよ。

 

《メモリー容量に余裕のある製品がおすすめ》

タブレットの処理能力をさらに向上させたいなら、搭載メモリーがなるべく大きな製品を選びましょう。メモリーが大きければ大きいほど、データ処理のスペックも比例して上がっていきます。目安として、簡単な軽いアプリやネットサーフィンなら、2GB以上の製品。高負荷のアプリを利用する場合や、多数の処理を同時に行う場合は、4GB以上のタブレットがおすすめです。

 

《使う場所はどこ?SIMフリー機能の有無もチェック》

アンドロイドタブレットは、他のタブレットと同じくWi-FiモデルとSIMフリーモデルの2種類販売されています。自宅や会社などWi-Fi環境のみで利用するなら問題ありませんが、外出先でもアンドロイドタブレットのみでネットに接続したい人は、SIMフリー機能の有無をチェックしておきましょう。SIMフリー対応していないタブレットの場合は、スマホの「テザリング機能」を利用するか「フリーWi-Fi」が飛んでいる環境に行かなければ、ネット環境を利用できません。購入時は注意して下さいね。

 

【8インチ アンドロイドタブレットの人気おすすめランキング4選】

それでは、ここまでの選び方を踏まえ、おすすめのアンドロイドタブレットを「8インチ」と「10インチ」に分けてご紹介していきます。まずは、「8インチ」のおすすめ4商品をピックアップしてみました。どれも良い商品ですので参考にしてくださいね。

 

4位:NEC Android7.1タブレット LAVIE Tab E PC-TE508HAW ホワイト 8型

NEC Android7.1タブレット LAVIE Tab E PC-TE508HAW ホワイト 8型

インチ 8インチ

解像度 WXGA/1280×800

ストレージ 16GB

microSD

CPU クアッドコア(4個)

クロック周波数 1.4Ghz

モリー 2GB

SIMフリー

《安心の日本製Android7.1搭載型タブレット

日本電子が製造販売している8インチタブレット。新しいAndroid7.1OSを搭載しており、操作性能も高い製品です。独自のセキュリティー機能も搭載しており、子供が利用した時のネットやアプリ利用を制限できる、「まもるゾウ2 for NEC」というシステムも搭載。安心して子供に持たせることができますね。ただし、クアッドコアで1.4Ghzですので、あまり高負荷のゲームなどは難しいでしょう。

 

 

 

3位:ASUS(エイスース) ASUS ZenPad 3 8.0 (Z581KL) Z581KL-BK32S4/A ブラック 7.9型

ASUS(エイスース) ASUS ZenPad 3 8.0 (Z581KL) Z581KL-BK32S4/A ブラック 7.9型

インチ 7.9インチ

解像度 2K/2048×1536

ストレージ 32GB

microSD

CPU ヘキサコア(6個)

クロック周波数 1.8Ghz

モリー 4GB

SIMフリー

《2Kモニターを搭載した高解像度タブレット

商品自体のデザイン性も高くスタイリッシュなASUSタブレットです。2Kの高解像度に対応した液晶ディスプレイを搭載しており、視野角の広いIPSパネルを採用。あらゆる映像や画像を綺麗に映し出してくれます。音響性能も高く、デュアルフロントスピーカーは7.1チャンネルのバーチャルサラウンドにも対応。映像と音の両方をハイパフォーマンスで楽しみたい人におすすめするアンドロイドタブレットです。

 

 

 

2位:HUAWEI Android 7.0タブレット MediaPad T3 8 BG02-W09 スペースグレー 8型

HUAWEI Android 7.0タブレット MediaPad T3 8 BG02-W09 スペースグレー 8型

インチ 8インチ

解像度 WXGA/1280×800

ストレージ 16GB

microSD

CPU クアッドコア(4個)

クロック周波数 1.4Ghz

モリー 2GB

SIMフリー

SIMフリー対応のエントリーモデル》

Huaweiが販売している、LTEに対応したアンドロイドタブレット。持ち運びやすい8インチタブレットで、大容量のバッテリーを搭載しているため、充電切れの心配が少ないこともメリットです。搭載されているカメラは500万画素、綺麗な写真をタブレットで撮影することが可能です。エントリーモデルとしては、十分なクアッドコアに1.4Ghz対応のCPUを搭載していますので、簡単なゲームならサクサク動いてくれるおすすめ商品です。

 

 

 

1位:ASUS(エイスース) タブレットパソコン ZenPad 8.0 Wi-Fiモデル Z380M-WH16 ホワイト 8型

ASUS(エイスース) タブレットパソコン ZenPad 8.0 Wi-Fiモデル Z380M-WH16 ホワイト 8型

インチ 8インチ

解像度 WXGA/1280×800

ストレージ 16GB

microSD

CPU クアッドコア

クロック周波数 1.3Ghz

モリー 2GB

SIMフリー

《スタイリッシュなデザインのAmazon人気商品》

ASUSが販売している映像の綺麗なアンドロイドタブレットです。「ASUS visualmaster」という独自システムにより、実際の解像度以上に綺麗に映像を表示させることが可能。綺麗なコントラストで、シャープな映像を楽しむことができるでしょう。また、タブレットとしては世界発の「DTS Headphone X™」にも対応しており、イヤホンやヘッドホンをタブレットに接続して、7.1チャンネルのサウンドを楽しむこともできます。よく音楽を聞く人にもおすすめの商品です。

 

 

 

【10インチ アンドロイドタブレットの人気おすすめランキング4選】

続いて、ここからは高解像度で自宅で使いやすい「10インチ」のおすすめ商品を4つ見てみましょう。映画観賞や雑誌を読むのにおすすめです。

 

4位:Lenovo TAB4 10 Plus ZA2M0085JP オーロラブラック 10.1型

Lenovo TAB4 10 Plus ZA2M0085JP オーロラブラック 10.1型

インチ 10.1インチ

解像度 WUXGA/1920×1200

ストレージ 16GB

microSD

CPU オクタコア(8個)

クロック周波数 2Ghz

モリー 3GB

SIMフリー

《家族で共用できるマルチユーザー機能に対応》

1代のタブレットに複数のアカウントを設定して利用できる、マルチユーザー機能に対応している製品。利用する人それぞれの指紋認証を登録できますので、プライバシーもしっかり守られ安心です。また、閲覧できるウェブサイトやアプリを制限できる「キッズモード」を搭載。搭載されているUIも、子供が利用しやすい簡単な設計になっているのも特徴でしょう。利用可能時間や休憩時間が設定できるため、家族使用におすすめの商品です。

 

 

 

3位:NEC Android7.1タブレット LAVIE Tab E PC-TE510HAW ホワイト 10.1型

NEC Android7.1タブレット LAVIE Tab E PC-TE510HAW ホワイト 10.1型

インチ 10.1インチ

解像度 WUXGA/1920×1200

ストレージ 16GB

microSD

CPU オクタコア(8個)

クロック周波数 2Ghz

モリー 3GB

SIMフリー

《コストと性能のバランスの取れた国産タブレット

Android7.1に対応しており、タブレットですがマルチウインドウにも対応。資料を表示しながら、文章の作成といったパソコンのような利用スタイルが可能になっています。大切なデータをしっかり守れる指紋認証にも対応。仕事での利用も安心です。日本メーカーならではのサポートの充実もおすすめできるポイント。購入後の使い方だけでなく、トラブル時の保障まで揃っています。「海外製品よりも日本製品のほうが安心。」という人におすすめの商品です。

 

 

 

2位:Huawei Androidタブレット MediaPad M3 Lite 10 wp ミスティックシルバー 10.1型

Huawei Androidタブレット MediaPad M3 Lite 10 wp ミスティックシルバー 10.1型

インチ 10.1インチ

解像度 WUXGA/1920×1200

ストレージ 32GB

microSD

CPU オクタコア(8個)

クロック周波数 2.36Ghz

モリー 3GB

SIMフリー

《お風呂に入りながらのタブレット利用におすすめ》

防水・防塵対応のタブレットで、「フルセグ/ワンセグ」にも対応したおすすめ商品です。防水性能は高くIPX7に対応、1mほどの水中なら30分間沈んでいても耐えることができます。お風呂だけでなく、キッチンなど水回りに置いてテレビを視聴するのにも最適。搭載されている液晶ディスプレイやCPUの処理能力も十分の性能を搭載しています。水周りでタブレットを利用したい人に特におすすめです。

 

 

 

1位:ASUS Androidタブレット ZenPad 10 Z301M-GY16 アッシュグレー 10.1型

ASUS Androidタブレット ZenPad 10 Z301M-GY16 アッシュグレー 10.1型

インチ 10.1インチ

解像度 WXGA/1280×800

ストレージ 16GB

microSD

CPU クアッドコア(4個)

クロック周波数 1.3Ghz

モリー 2GB

SIMフリー

コスパの良いAmazon人気上位商品》

WiFiモデルのアンドロイドタブレットで、自宅利用やスマホテザリングを利用してインターネットを利用するのに適しています。スタイリッシュなデザインの外観もおしゃれで魅力的。8.9mmの薄型ボディは持ち運びにも適しています。解像度自体は、WXGA/1280×800ですが搭載されている「VisualMaster」というシステムにより、解像度以上に綺麗な画像表示をしてくれます。アマゾンでも売れ筋の上位商品ですので、選択肢の一つにぜひ入れて下さい。

 

 

【まとめ】

アンドロイドタブレットを選ぶ時の大切なポイントやおすすめ商品を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?お伝えした選ぶ方のポイントに加えて、自分がタブレットを使って何をしたいのかを前もって考えておくと、より商品が選びやすくなるでしょう。コストも大切ですが、注意しなければ必要な機能を満たしていない動きの遅いタブレットを購入してしまう可能性もあります。快適なAndroidタブレットを見つけるためにも、記事を参考にしっかり商品を比較検討してみてくださいね。